梅酒は、一説によると江戸時代から呑まれていたとも言われており、そのやさしい口あたりから女性にの間で高い人気を誇っています。梅の果実を大量の砂糖とともに蒸留酒で漬け置きすることで、梅のエキスが抽出され、美味しい梅酒に仕上がります。使用する蒸留酒の種類、砂糖の種類や量、そして漬ける期間によって味わいが変動します。以前は食前酒として飲まれることが多かった梅酒ですが、現在では梅酒専門店が存在するほどポピュラーな存在となっています。

おすすめの銘柄は「萬歳楽 加賀梅酒」

果肉が厚く、滴るほどの果汁が特徴の福井県産の「紅映梅」を使用し、伝統的な手法で漬け込まれたこの「萬歳楽 加賀梅酒」は、独特の旨みとまろやかさがたまらない梅酒です。製造している蔵元は、300年以上の歴史のある石川県の小堀酒造店です。