日本酒とともに、日本を代表するお酒が焼酎です。日本酒とは異なり、麹の原料にサツマイモ、大麦、米、芋類など、様々な素材が使用されるため、香りも味も非常に多様であるのが特徴のひとつです。

また、焼酎は酒税法上、以下の2種類に分類されます。

  • 甲類焼酎:連続式の蒸留器を使用し、醪を加えながら繰り返し蒸留されたもの。無味無臭であり、別の飲料で割って飲むのが一般的です。
  • 乙類焼酎:蒸留するたびに醪を入れ替える単式の蒸留器で作られたもの。香りや味わいが強いのが特徴であり、お湯割りやストレートなど、単体で味わうことができます。

おすすめの銘柄は「魔王」

焼酎と言えばやはり芋焼酎ですが、その中でも人気の銘柄がこの「魔王」です。入手困難なこの芋焼酎は、芋とは思えない臭みのない、フルーティーな味わいが特徴です。